FX画像

FX取引での逆張りについて知ること

FX取引をする場合には、順張りで取引をする場合と逆張りで取引をする場合とがあります。
FX取引での順張りでは、相場の方向性に沿った形で取引をしていくことになるので、相場の方向性が一方に偏っている場合には有効な取引になります。
例えば円安の方向性が続いている場合にはFX取引では円を売ることが有効になります。
この順張りの取引は誰でもできる取引になりますが、こうした取引で利益を出せている場合には比較的やさしい相場状況といえます。
また逆張りは相場の一方向の状況がある程度の所までいくようになると、行き過ぎを修正するためリバウンドが発生することがあるので、これを狙ってタイミングよくエントリーをして利益を出すことを狙う取引になります。
この逆張りはタイミングが重要でありFXの初心者がすうと大抵は失敗して損失を出すことが多くなります。
最初は逆張りの取引をしてよく負けていました。
現在でもこの取引で損失を出す場合もありますが、経験上では順張りの取引が比較的利益を得やすい感覚があります。
思い通りにリバウンドして逆張りでうまく利益を出したこともありましたがタイミングが難しいと感じます。
FX取引では思い通りに相場が動くことがあまりなく、予想外の動きをすることの方が多いからです。
チャート分析等を欠かさずすることで先行きを予測することになりますが、予想外の動きをする場合はよくあるので、逆張り等のエントリーをする時には慎重にタイミングをはかり、あてが外れた時にはすぐに損切りをして撤退をすることが大切だと感じます。
FX取引のはじめての方には相場方向が一方に動いているときに順張りで取引をすることをすすめます。
またこのFX取引では順張りで利益が出ない場合に損失の状態になっているときはそのまま放置することなく、早めの損切りを心掛けることにより損失額をできるだけ少なくすることができ、トータルとして利益を上げることができるようになります。

Copyright(C) 2010 投資を勉強しよう.com All Rights Reserved.