FX画像

FXで両建てを使うときのテクニック

FXでトレードするには、メンタルが大切です。
自分の性格とメンタルにあったトレード方法を自分で見つけることこそが、トレードで利益を出すためにに重要です。
例えば、使用する時間軸や通貨ペア、取引できる時間、順張りか逆張りかはトレーダーのライフスタイルや性格によって違います。
トレードの手法や考え方はトレーダーによって全く違いますが、損失を出した時の精神状況は多くのトレー_ーが同じようになります。
悔しい気持ちや損失を取り戻したい気持ちに精神が支配され、トレードをやりすぎてしまったり、損切ができなくなってしますのです。
こうなった場合、多くのトレーダーが損失を拡大させてより辛い思いをすることになります。
私も精神的な苦痛の大きい損切が苦手で、よく含み損のあるポジションを放置してはマージンコールに追い込まれました。
しかし、ある時両建てについての記事を読んで、「損切りの代わりに両建てしたら精神的に楽ではないのか」と思い損失の出たポジションの両建てを始めました。
両建てとは、自分の持っているポジションの逆の方向で新規注文することですので、損失の出ているポジションの両建ては実質的には損切になります。
しかし、損失が「確定」してしまう損切と違って、両建てはまだ確定していないので、精神的に非常に気楽なのです。
相場がわかりやすいポイントに来れば、片方のポジションを決済してもう一方を保有したり、もしくは気持ちが落ち着いた時に両方のポジションを決済してスクウェアな状態に持っていくという様々な選択肢があるからです。
これらの行為は、一度損失を決済してから新規にポジションを取るというのと同じですが、精神的なショックは全く違います。
また、私は利益が出ているポジションが、少し反転しそうだと思った時も両建てをしています。
こうすることで、現時点の利益を守ることができますし、一度反転して再度ポジション方向に動き出した時に片方のポジションを外すという選択肢が得られます。

Copyright(C) 2010 投資を勉強しよう.com All Rights Reserved.