FX画像

FX指値予約での失敗ロスカット

FXでの、失敗体験談です。
借金は怖いのでそこそこ稼げればいいやと始めたFX、アベノミクス効果もあって、利益は100万単位で稼げていましたが、そこに再び襲ってきた円高の波。
普段ロスカットをしないようにと、証拠金2〜3倍程度のリバレッジでしか取引をしていなかったので、安心をしきっていたのですが、失敗をしたのが指値予約でした。
指値予約というのは、例えば1ドルが現時点で97.5円だけど、97円になったら購入するという値段での予約購入というもので、一日モニターに張り付いていられないという人には、とても便利なシステムです。
出勤前と仕事が終わっての帰宅後に、FXを行なっていた私は日中どうしても、為替相場などを確認できません。
ごくまれに、大口の取引をする人が、一気に円を購入したなどの理由で円高になったり、大手ファンドがまとめて円を売ったなどの理由で、一瞬だけ円安になるという機会があります。
その機会を逃がさぬよう、0.5円刻みで10000万通貨づつ、指値予約をしておいて、タイミングよく購入できていたらラッキーとほくそえむ…という売買を繰り返していました。
ですが、そんな時に訪れた急激な円高へのフリ戻し。
持っているポジションだけでしたら、含み損が増えても乗り越えられていたのでしょうが、それまでに指値予約をしていた通貨が一気に購入され、それでも進む円高で、ロスカットとなってしまいました。
朝起きて、チャートを見た瞬間に自分の口座の建玉やレバレッジが0になっているのを見た瞬間は、自分がロスカットをくらったなどとまったく思わず、パソコンの接続状態が悪いのかななんて、のんきに思っていたのですから、今となってはお気楽すぎたと思います。
それ以来、普段の取引のレバレッジを抑えるのは当然として、指値予約もしない。
どうしても指値予約をするのであれば、せめて10000通貨を一つだけにしようと、心がけています。
急激な通貨の動きは恐ろしいと、身に染みた一件です。

Copyright(C) 2010 投資を勉強しよう.com All Rights Reserved.