FX画像

FXレバレッジを低くする事で損失を少なくする

FXは、証拠金を預ける為替の取り引きです。
それには、レバレッジと言う資金を倍増する方法がとられています。
それは資金が10万であれば、レバレッジが25倍ならば250万までのポジション通貨ペアが持てます。
しかしそれは証拠金や損失等も発生しますからこまかな計算方法が必要です。
そのレバレッジは、最大では25倍まで個人の取り引き者には出来ます。
それは、個人の損失を少くする為に考慮して1倍から25倍まで決めれます。
企業ではそれは、その取り引きの会社によって異なるシステムです。
しかしFXでは、常にリスクを少なくするのならばレバレッジを低くする事です。
それで個人的に今は25倍でFXをしていますが、この前もついレバレッジが多い為にポションを持ちすぎてしまったのです。
そして急な下落から入金をしなければいけない事になってしまった経験がありました。
FXは計算して行わないと突発的な事件や経済事情で、順調相場のレートが大きく変化する事もあります。
それがこの前の米ドルやオースラリアドルでした。
今まで上がり続けていた米ドルが、短期の投機説の為に米ドルのクロス円で売られ続けたのです。
為替変動の世界は、何がおこるかわからない取り引き相場です。
ですからレバレッジを大きくすると何時のまにか大変な事になってしまったのでした。
その時に損切りして、少し米ドルのポジションを捨てしまったのです。
将来は上がると予測しても絶対ではない相場の世界です。
かなり前には、100倍までレバレッジがあった時代がありました。
その時には、少しの資金で億単位を儲ける事も可能ですが、のめりこんでしまい大金を失う人も多かったのです。
FXに勝つためには、何倍の資金の倍率で取り引きするかを決める事です。
そこから資金管理が上手に行うことが出来ます。
それで今後まさかの為に極力ポジションは持たないようにしたのです。
それでも急な下落には、昨日ですがポジションを持ってしまったのです。
それで常に取り引き通貨ペアの底値である金額を考慮して、今後はポジションの調整する事も必要だと以前の経験から知ったのです。

Copyright(C) 2010 投資を勉強しよう.com All Rights Reserved.